【穴場ラウンジ】エムアイカードで入れる羽田空港国際線ターミナル「ティアットラウンジアネックス」レビュー

空港ラウンジは、航空会社の上級会員向けに用意されたラウンジと、ゴールドカードなど一定ランク以上のクレジットカードを保有している人であれば利用できるカードラウンジの大きく分けて2種類あります。ラウンジによっては、軽食はもちろん、ビール・ウイスキーなどお酒が飲めるところもあり、非常に快適な空間。この記事では、僕自身も2019年8月に利用した羽田空港国際線ターミナルで利用できる穴場ラウンジ「ティアットラウンジ(TIAT LOUNGE ANNEX)」についてご紹介いたします。

一言でまとめると

・シャワーあり、軽食あり、お酒ありの穴場ラウンジ

こんな人におすすめ

・クレジットカードで入れるラウンジを探している
・航空会社ラウンジには入れないけど、カードラウンジは人多くて嫌だ
・出発前にシャワーを浴びたい、お酒を飲みたい

前提条件・デメリット

・マイナーなクレジットカードの発行が必要

羽田空港国際線ターミナルにあるラウンジまとめ

羽田空港国際線ターミナルには、出国後エリアに7つのラウンジがあります。

名称 対象 場所
日本航空(JAL)ラウンジ ・上級会員
・搭乗クラスがプレミアムエコノミークラス以上
・4・5階(中央)/5階(北)
全日本空輸(ANA)ラウンジ ・上級会員
・搭乗クラスがプレミアムエコノミークラス以上
・4階(中央・北)
キャセイパシフィック航空(CPA)ラウンジ ・上級会員
・搭乗クラスがビジネスクラス以上
・6階(北)
SKY LOUNGE ・指定のクレジットカード ・4階(中央)
TIAT LOUNGE ・指定の航空会社
・指定のクレジットカード
・4階(中央)
SKY LOUNGE ANNEX ・指定のクレジットカード ・4階(北)
TIAT LOUNGE ANNEX ・指定の航空会社
・指定のクレジットカード
・5階(北)

出国後のフロアガイドはこんな感じです。

3階の出国後エリアを北側に進み、六厘舎等があるフードエリアを超えると以下の案内が見えてきます。

5階がティアットラウンジアネックス。右側が黒で塗りつぶされていますが、本来はJALラウンジがあり、この時は改修中でした。そして、4階にはANAラウンジ、スカイラウンジアネックス、6階にはキャセイパシフィック航空のラウンジがあります。

詳細は、羽田空港の公式サイトをどうぞ。

ラウンジの種類おさらい

空港にあるラウンジは大きく分けて2種類。

  • 航空会社ラウンジ
  • カードラウンジ

航空会社ラウンジは、JALやANA等航空会社が提供しており、基本的には航空会社の搭乗クラスが上級会員やビジネスクラス(一部プレミアムエコノミー)以上の方のみ利用が可能ですが、航空会社の提携サービス会員の利用も可能な場合があります。ただし、一般の人は利用することはできません。

カードラウンジは、主にはゴールドカード以上の一定ランク以上の提携クレジットカードを保有している方であれば利用が可能です。いわゆるカードの付帯サービスとしてラウンジ利用が含まれています。以下は羽田空港の国内線ですが、カードラウンジ「POWER LOUNGE」の様子をご紹介しています。

今回のティアットラウンジアネックスは、航空会社ラウンジとカードラウンジの中間的な位置づけで、指定の航空会社に搭乗される方と、指定のクレジットカードを保有している方であれば利用可能です(詳細は後述)。

ティアットラウンジアネックスに入るためには

さて、そんなべた褒めのティアットラウンジアネックスですが、入るためには、指定の航空会社の上級会員であること、そして指定のクレジットカードを保有していることが条件となります。

mizukkou

あぁ、大丈夫。俺、ゴールドカード持ってるから。

と思われる方もいらっしゃると思いますが、メジャーなゴールドカードでは入ることはできません。ティアットラウンジに入れるクレジットカードは、以下の6つのみで、「一部のカードを除き、ゴールドクラス以上のクレジットカードが対象」とのこと。

かなりマニアック笑、マイナーなカードが多い印象です。

カード 券種 入会資格 年会費
TS CUBIC ゴールドカード 特になし(独自審査) 10,000円(税抜)
Porsche Card 正規販売店でポルシェを購入したオーナー 20,000円(税抜)
三越伊勢丹グループ MICARD ゴールドカード 特になし(独自審査) 10,000円(税抜)
LUXURY CARD チタニウムカード以上 特になし(独自審査) 50,000円(税抜)~
マンチェスターユナイテッドカード ゴールドカード 特になし(独自審査) 10,000円(税抜)
ボルシア・ドルトムントカード ゴールドカード 特になし(独自審査) 10,000円(税抜)

なお、ポルシェカード以外は各カード会社の独自審査はありますが、恐らく一般的な審査内容だと思います。ちなみに、僕は伊勢丹のエムアイカードを保有していたため、こちらでラウンジに入りました(エムアイカード発行のお得情報は本記事の最後でご紹介しています)。

ティアットラウンジアネックスのサービス

ティアットラウンジアネックスでは、軽食・お酒のほか、シャワーも無料で利用することができます。

シャワーは5つほどあり、受付で利用したい旨を伝え、空きがあればすぐに使うことができます。僕は深夜便だったため、そもそもラウンジ自体に人が少なく、待つことなくシャワーを使うことができました。深夜便は寝るだけなので、搭乗前にさっぱりできるのは最高ですね。

食事はレトルト感もあり、絶品メニューとは言えないですが、個人的には好きなメニュー(笑)。僕が行った日は以下のメニューがありました。

  • カレー
  • 牛丼
  • 焼きそば
  • から揚げ

これに加えて、ビールサーバーがあり、日本酒やワインも飲み放題。お風呂上がりに軽食とビール。ラウンジなのに家にいるみたいにくつろぐことができます。

mizukkou

穴場過ぎて人がいない・・・

「くつろぎ」を主目的とするならば、何と言っても人混みから避けられる、というのは大きなポイントなのではないでしょうか。

注意点は、搭乗前のアナウンスがないこと。カードラウンジの場合、基本的にそうですが、搭乗前アナウンスはないため、モニターで状況を確認し、30分前くらいには搭乗口に戻っておきましょう。

まとめ

以上、羽田空港国際線ターミナルにある「ティアットラウンジアネックス」のレビューでした。

すでにANAやJALの上級会員であったり、海外旅行へ行くときはいつもビジネスクラス以上、ということであれば、利用する機会は少ないかもしれませんが、年に数回程度の海外旅行であれば、おすすめの穴場ラウンジです。

個人的には、

  • 空いている
  • シャワーが使える
  • ビールが飲める

というのが大きなポイントです。もちろん、電源端子もあるためスマホの充電、パソコンでお仕事もできますし、無料Wifiも飛んでいるので、ネットサーフィンもできます。

「ANA/JALラウンジ利用はできるものの、いつも混んでて嫌だ」そんな風に思われている方も、たまには気分を変えて利用するのも良さそうです(私はANAラウンジに行きたいです笑)。

【最後に】エムアイカードであれば初年度は実質無料で発行可能

ご紹介の通り、クレジットカードの場合、ポルシェカードを除いた4つのカードは通常発行可能です。うち、エムアイカードの場合、ポイントサイト「ちょびリッチ」を経由して発行すれば、実質無料(※)で発行可能です。

※記事執筆時点において、エムアイカードプラスゴールドの発行で60,000ポイント(≒30,000円)獲得できるため、実質初年度年会費は無料で発行ができます

今なら以下のバナー経由で登録頂くと、500ポイント(≒250円)プレゼント中♪

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ