マイルは貯まらない?いいえ貯まります。マイルを貯めて自分への非日常体験のご褒美はいかがですか?

マイルは貯まらない?という想像からマイルを敬遠している人は多いのではないでしょうか。

楽天ポイントやTポイントなど普段のお買い物に使えるポイントであれば、1円から使えますが、マイルの場合、最低1万マイルは貯めなければ、使い道がありません。ただし、そんなマイルには、普段の生活では体験することができない非日常を味わうチャンスがあります。日常消費の実用的なポイントにするのも決して悪くないですが、日頃頑張っている自分へのご褒美として、マイルで実現ができる非日常体験を体験してはいかがでしょうか。

この記事では、マイルは貯まらないと思っている方に、マイルを貯める方法とマイルで実現できる非日常体験をご紹介いたします。

一言でまとめると

・マイルを利用すれば、ビジネスクラス・ファーストクラスに乗ることができる

こんな人におすすめ

・ビジネスクラス、ファーストクラスに乗ってみたい方
・非日常を味わいたい人
・自分にご褒美をプレゼントしたい人

前提条件・デメリット

・時間が掛かる
・思い立ってもすぐに実現できない

2018年、僕の非日常体験「ファーストクラス」

2018年8月、僕は人生で初めてファーストクラスに搭乗しました。マイルを貯め始めて数年、いつかビジネスクラスに乗ってみたい、ハワイに行ってみたい、そんな夢を抱いていましたが、ビジネスクラスを通り越して、ファーストクラスです。

搭乗したのはタイのバンコク→羽田のフライトです。

エコノミークラスのカウンター裏側にあるファーストクラス専用のカウンターに出向くと、1人のグランドスタッフ(以下、GS)が手続きをしてくれます。本来、列に並んで出国手続きをする保安場も、専用ゲートです。その後、カートに乗って案内されたのは、ファーストクラス専用のラウンジ。

タイシルクのドレスを着た美人のGSに個室へ案内してもらいます。その後、フライトの時間を聞かれ、食事・ドリンクを頂きます。ラウンジ内では、個別に料理を注文することもできますし、スイーツやデザートをビュッフェ形式で食べることもできます、もちろん好きなだけ。

そして、このタイ航空の一番の魅力は、スパ。ファーストクラスの場合、1時間の全身マッサージを受けることができます。

一通りラウンジ空間を満喫したら、機内へ・・・。ここも一般的には搭乗ゲートへ出向きますが、離陸直前になるとGSから呼ばれ案内してもらいます。

mizukkou

ファーストクラス、非日常の機内へ・・・。
フルフラットシート、ドンペリ・・・すべてが非日常・・・。

羽田に到着し、機内を降りると現実に引き戻されます・・・。

mizukkou

あぁ、最高の体験だったなぁ・・・

僕は、都内で働くどこにでもいるサラリーマン。普通の生活をしていたら、絶対に味わうことができないファーストクラスをマイルを使って満喫することができました。

正規費用にすると片道20万円を越えます。払えない額ではないかもしれませんが、気軽に使える額ではないですよね。そして、こういう話をブログで書いてしまう一般庶民です…。

一般庶民感たっぷりの搭乗記も宜しければご覧ください。

ファーストクラス搭乗に使ったマイル

このファーストクラス体験は、ANA(全日空)マイルを貯めて発券しました。使ったマイルは、往復で70,000マイルです。正確には行きはエコノミーで17,500マイル、帰りのファーストは52,500マイルです。

ファーストクラスがもたらす非日常

「身分不相応なサラリーマンがファーストクラスに乗りやがって」と思う人も、もしかしたらいるかもしれません。身分相応か否かで言うと、僕自身もそう思います。ただ、乗っては行けないルールもないですし、傲慢な態度も取っていません(当たり前ですが)。

ただ、僕が感じたのは、ファーストクラスがもたらしてくれた明日への活力です。大げさにも聞こえるかもしれませんが、ちょっとした非日常が「明日頑張ろう」の活力になると思っています。

  • 普段泊まることができない高級ホテル
  • いつもより少し高いエステ
  • 奮発して購入したブランドバッグ
  • 月1のご褒美にチャーシューメン

大小関係なく、いつもとちょっとだけ贅沢に非日常体験ってワクワクしませんか?

「モノからコト(体験)の時代」と言われますが、まさにその通りかなぁと。

時期・航空会社・取得路線を絞れば、予約は比較的容易

ここからは具体的なお話です。

僕がおすすめする比較的取得がしやすく、且つ非日常を満喫できる航空会社が「タイ航空」です。試しにゴールデンウィーク明けの5月2週で空席状況を調べてみたところ、往復ファーストクラスを予約可能な状態にありました。

ポチりしたい衝動を抑えましたが、比較的予約が取りやすいのもタイ航空な気がします。

ハワイやヨーロッパなど人気路線は激戦必至のため、マイルがあっても取得が難しいのが現状です。なぜならは、前提としてマイル用の座席数には限りがあるからです。「ビジネスクラスでハワイへ行く」というハードルの高い希望は捨て、実現性のある「ファーストクラスでタイに行く」をおすすめします。

なお、タイ航空は、「スターアライアンス」という航空会社のグループに加盟しており、ANAと同じグループですので、ANAマイルを貯めることで、タイ航空に乗ることもできます。

マイルを貯めるには

マイルを貯めるには、以下の方法を使えば、達成可能です。


ここでの詳しい話は割愛しますが、基本的には以下の2つの方法を実践することで実現可能性は極めて高いです。

  1. 日常のお買い物のクレジットカードをANAカードにする
  2. ポイントサイトを活用する

1.日常のお買い物のクレジットカードをANAカードにする

基本的には200円利用で1マイルです。クレジットカードの引き落としが月5万円であれば、月250マイルで、年間3,000マイルを貯めることはできます。また、ANAカード未加入の場合、入会キャンペーンを利用することで、初回は最大20,000マイル程度は獲得することができます。

2.ポイントサイトを活用する

ポイントサイトとは、広告利用の対価としてポイントを獲得できるサイトのことです。このポイントはマイルに交換することができ、今であれば約8割レートで交換することができます。10,000ポイントであれば、8,000マイルということです。仮に毎月10,000ポイント獲得ができれば、96,000マイルということです。

主にこの2つの方法で、ご紹介したファーストクラスの搭乗は実現可能です。

まとめ

1年間頑張ったご褒美に、マイルがもたらす非日常体験。

何をご褒美とするかは、価値観にもよりますが、海外旅行と聞くと心躍る僕にとっては、日常では経験できない…いやこの先乗ることが一生無いかもしれないファーストクラス、相当明日への活力になります。

日常の消費をクレジットカードにして、ちょっとしたポイントサイト活動で、実現可能な非日常体験、目指してみませんか?