f:id:mizukkou:20180414092748j:plain

家計の見直しを図るにあたり、一番手をつけやすいのは固定費。よくファイナンシャルプランナーの方が「家計見直し隊」と称して、ズバズバと家計にメスを入れる企画がありますが、その中でよく指摘されるのが「保険」です。

我が家も、2015年にプルデンシャル保険に加入し、毎月3万円近く保険の掛け金に捻出しているのですが、少ない収入の身分からするとなかなかの支出です。何かあったときに助かるのが保険ですが、日々の生活を圧迫していては元も子もありません。

今回そんな中、収入保障保険にメスを入れることにしました。

30代3人家族の保険加入状況

気付けば保険まみれ・・・と言うほどまで加入していないと思いますが、一般的な?保険には加入しています。

保険種別 保険会社 月額金額
生命保険 プルデンシャル 7,850円(73.40ドル)
収入保障保険 プルデンシャル 8,340円
養老保険 プルデンシャル 13,700円(128.10ドル)
医療保険 オリックス 2,430円

※1ドル107円計算

毎月32,320円!w

ガン家系の我が家、いや私は、今後ガン保険にも入ろうとしていますw もう月額課金ゲームではないですが、毎月の負担が大きく感じてしまいますよね‥。これぞまさに保険。

  • 生命保険‥万が一死んだ時にいるよなぁ
  • 収入保障保険‥病気で動けなくなること‥あるかなぁ?
  • 養老保険‥辞めてもいいけど、ある意味貯金だしなぁ
  • 医療保険‥安いし、ちょっとした怪我入院にある方がいいよなぁ

よく出来ていますね保険って。養老保険を除き、どれも万が一なんですよね。その中でも万が一の確率が低く、保険内容が生命保険と類似しているんじゃないか、という疑問が浮かんできたため、今回、収入保障保険にメスを入れることにしました。

収入保障保険とは

収入保障保険、その名の通り収入を保障してくれる保険。被保険者が働けなくなった場合、死亡した場合に支払われる死亡保険。一般的に知られている死亡保険は、「死んだらどかんと保険金が出る」イメージがあると思いますが、収入保障保険は毎月一定額支払われる保険。

僕が入っているプルデンシャル生命保険での呼び名は「家族収入保険」。我ながら何も考えずに入っちゃったなぁって感じなんですが、特約がありましたw

「無解約返戻金型就労不能障害特約65歳」

そんなの説明あったっけな?w(あったのでしょうが、お任せしちゃったので記憶になかったw)

そして、改めて自分が加入した「収入保障保険」の適用条件って何だろう?と保険証書を見てみると‥以下のような記載がありました。

  • 解約返戻金抑制型家収(高度障害)65歳

被保険者が死亡または所定の高度障害状態に該当した場合、保険期間満了時まで家族年金または高度障害年金を毎月お支払いします。また、保険期間中に被保険者が所定の高度障害状態に該当し、毎年の生存判定日に生存しているときには、高度障害年金に加えて高度障害療養加算年金をお支払いします。

「所定の高度障害状態」を調べてみるとありました。
www.prudential.co.jp

なかなかハードルが高そうです。まぁ、だから保険なんですよね。そして以下が特約です。

  • 無解約返戻金型就労不能障害特約65歳

国民年金法または被用者年金制度に基づく所定の障害状態に認定されたとき、または所定の就労不能障害状態、特定障害状態、就労制限障害状態、もしくは高度障害状態に該当し所定の状態となった場合には、年金を毎月お支払いする特約です。

さらにハードルが高そうです。まぁ‥だから保険なんですよね、うんうん。

もらえる条件と特約内容を確認

当たり前ですが、”働けなくなる”の定義が厳しく、保険を貰うためのハードルは高い。ある意味では保険金は貰わない状態で払い終えるのが一番望ましいことではあるのですが、あまりにも貰える条件ハードルが高そうで、保険と言えども「ほんまにいるんかいな?」と思わず考えてしまいました。

貰うことを考えている時点でアウトなんでしょうが、

僕の掛け金で言うと、

  • 毎月15万円が65歳まで
  • 特約認定があれば、毎月10万円が65歳まで
  • 合計、毎月25万円が支払われる

という保険内容。

”万が一”が起きてしまって、死ぬならまだしも特約条件を満たす形で生き残ってしまったら、逆に残された家族に迷惑は掛けそうな気もします。

掛け金から考えて保障の手厚さは「ある」んでしょうが、やはり確率が低すぎるため、万が一にも億が一にも必要なものなのか、考えて頭がぐるぐるしていますw

どんな条件なら入っていても納得ができるか

家庭を持つ人にとっての保険は、何かがあったときの家族へのお守り代わり。もう本当にうまいこと言うよねw 家族ネタとかで営業するのは良くないよ。でも、本当に何かが起きたらいやだから、払いたくないなぁという気持ちを消して、納得して加入するのは、どんな条件・理由付けがあったらいいのだろうか。

保険のセールスマン曰く

もしも私なら、収入保障保険を解約するなら、養老保険を解約します。養老保険は言ってしまえば、ただの貯金です。けれどこの保険は、何かあったときに手厚い保障があります。実は私の姉が最近がんになったんですよ。一命は取り留めたんですが、肝臓をすべて摘出し、人工透析になりました。結果、働くことが難しくなりました。でも、この保険に入っていて良かったと思いました。

○○さんにはそうなってほしくないんですよ。60歳になったとき、『あのとき入っていたけど、やっぱり要らなかったじゃないか!』と怒られる方がよっぽどいいです。もしも、私たちの保険が嫌なら止めてもらっても結構です。ただ他社の保険でもいいので、収入保障保険には入ってほしいんです。それだけメリットがあるし、安心できる保険なんですよ。

それでもどうしても解約をしたいなら、お子さんがもう少し大きくなってから、にしてください、と言います。

なんだかな‥。月額課金的にお金に余裕がないやつの心を透かしてやがる・・・(と言うほど嫌悪感はありませんが)。

まぁ、月々8,000円程度なので、絶対やめてやる!って額ではないのですが、何となくそのお金を別の形で活かすことができないかなと思っちゃったんですよね。投資信託とか普通に貯金とか。

で自分を納得できる理由で言うと、家族。特に子供。そういうところを突かれるとキツイですが、子供が大きくなる、せめて小学校卒業するまでは入っていてもいいのかな、そう思うようにしました。

たいした額じゃないけれど、万が一僕が死んだら、死亡保険とは別に、65歳まで毎月保険金が出るし、20万程度あれば、少しは足しにはなるじゃないですか。

と思いましたが、万が一の確率が低すぎるので、悩みに悩んだ結果、特約のみ解約することとしました。

まとめ

自分は納得して加入しているつもりでしたが、全く納得感がありませんでしたw

こういう人多いでしょ?(ここで納得感を得ようとするw)

保険に損得感情を持ってくるのも難しいですが、なんとなく、早く死ぬなら良いけれど‥死んで保険金が出るなら、違う保険でもよくない?思わずそう思ってしまいましたよねw(てか保険じゃなくてもいいんじゃね?)

そして、自分の入った保険にいろいろ言われるの嫌だから、保険の窓口とか避けていましたけど、変える変えないは別として、客観的な視点で意見を貰えるのは大事だなーと思ってしまいました。保険の話をしてドヤしたかったのが、自分の保険見直しネタになってしまいましたが、改めて見直すキッカケ、あるといいと思います!