時は2017年。スマホ全盛で光ファイバーという言葉すら死語な気もしますが、ADSLに至っては何?って人も多いだろう。

知っている人の中でも、ADSLを利用している人は相当少数なのではないかと思うわけですが、固定電話を持ち、ゲームも動画も頻繁に見ない私からすれば、安価なADSLは最高な商品なわけです。最近、格安simに変えたことでSoftbankで利用していたホワイトBBが利用できなくなったため、同じ会社のYahoo!BBに乗り換えをいたしました。

そこで経験したのが表題の件、安いので文句言えないけど、言いたくなるので直接ではなく、間接的に文句を言おうと思う。本来ほめるべきはずのところをディスる、不思議なこともあるもんです。今後、申込を検討している方はご参考までに。

【衝撃の安さ】yahoo!BBバリュープラン!

ネットが生活インフラになっている昨今、ほとんどの家庭でネット回線を持っていることでしょう。一人暮らしやパソコンを持たない場合には、スマホですべて完結している人も多いかもしれませんが、なんだかんだ安いとは言え、月額固定費はできることなら安く済ませたいものです。

相場的にみると、光回線の場合で月額5000~6000円程度、Wimax系の場合で月額4000円程度と思いますが、ADSLは固定電話が必要にはなりますが、プランによっては月額2000円前後、固定電代を含めて月額4000円程度で利用ができます。

我が家は幸いにしてテレホーダイ時代(懐かしいw)に取得した電話加入権があり、加えて速度が左右されるNTT基地局も家から2キロ以内であったため、かれこれ15年継続してADSL回線を使っています。ゲームもしないし、動画もそこまで見ないというのもありますが、たまのamazonプライムビデオもストレスなく視聴できていました。

回線切り替えに伴い、光回線にしようかとも思いましたが、この先引っ越しを検討していたこと、工事費が発生することもあり、短期解約で違約金が発生しようともADSLで探しており、見つけたのがYahoo!BBであります。バリュープランなる2年縛りのプランの場合、なんと月額1365円程度。固定電話代を加味しても月額3000円程度で収まるという安さに惹かれ、申込をしました。

これで携帯代を合わせて、月額6000円程度で収まります。速度は最大12Mと光ユーザーからしたらクソかもしれませんが、使ってみると問題なく、ストレスもありません。しかも初期費用もキャンペーン中につき無料。途中解約で1万円発生しますが、この安さなら万が一解約になっても致し方ないかなと思えるものです。

【衝撃のオプション数】継続したいオプションをください。

いやぁ、なんとかこれで月額費用も抑えられるな、yahoo最高だなー!なんて思ってのも束の間、申込時に謎のオプションが付帯されます。いわゆる「レ点商法」というやつ。しかも申込後は解約自由だけど、申込時は強制加入せよ、という今の時代にそぐわない商法で無理やりオプションが付帯されます。しかもその数なんと9個!

  • BBフォンオプションパック:540円
  • とく放題(B):540円
  • BBお掃除&レスキュー:494円
  • BBマルシェ by 大地を守る会:494円
  • BBサポートワイドプラス:540円
  • BBセキュリティ_Symantec Plus:615円
  • Wifiマルチ/無線LANパック:1069円
  • BBライフホームドクター:540円
  • Yahoo!プレミアム:432円

不思議です、大地の会までジョインしていますw

昔、資料請求系のサイトに携わっていた時、レ点商法ならぬ、デフォルトチェック商法をやっていて心が痛みましたがその域を超えるレベル。自分を擁護する意味でいうならば、デフォルトチェック商法で「有料」課金されるものはありません。個人情報はばらまくことになりますが、このレ点商法は有料課金のみ、仮にこのオプションを継続したならば、せっかく1300円程度で済んでいたネット回線が約7000円まで膨らみ、ADSLの12Mプランのくせして、月額で9000円も支払わなければいけない結果へ。

なんということでしょう。

しかも、極め付けは「無線LAN」オプション。これは無線LANカードが付帯するのですが、解約をする場合には返送をする必要があり、しかもその返送の送料は自己負担。頼みたくない商品に申込んだ上、解約する場合は送料負担あり。

なんということでしょう。

開いた口がふさがらないとはこのことですw まるで送り付け商法のようですw とは言え散々調べた上で、そういうものだと知っていた上で申込をしているので、多少なりとも怒りは静まりますが、知らずに申込、しかも解約手続きを忘れてしまったなんてことがあった日には、消費者庁よろしくレベルです。

【衝撃の非効率】同じソフトバンクなのに!

私が以前利用していたのはホワイトBBというソフトバンクのADSL回線です。そして、今回新たに申込をしたのがYahoo!BBというソフトバンクのADSL回線です。いずれも同じ会社ですが、一度解約手続きを行い、再度申込手続きをする必要があります。

そこには解約手続きをする受付の方、申込手続きをするオペレーターの方、モデムの受け取り・点検をする担当の方、たくさんの人手を通り、たくさんの人件費が発生しています。本来一つの会社であれば、生産性を向上、あるいは仕事を効率化するにあたり、同じ会社間の切り替えであれば、そのまま継続して利用してもらう、ということがおそらく真っ先に思い浮かぶとは思いますが、そうは孫さんが許さない。

無駄な工数を発生した上に、ネット回線不通期間3週間を経験させる非効率運営をしています。どうして誰も言わないのでしょう。不思議です。逆を返せば、これだけ工数を発生させても、儲かっている!ということなのでしょう。

まとめ:安いので文句は言えないかもしれないけれど。

そう、結論はまとめタイトルの通り「安いので文句は言えない」w

安いものにはそういう属性の人が集まる、と言われたらそれまでですが、これから申込を検討している人は以上のことを念頭においてください。しかも、これはADSLの特性上ですが、ベストエフォート方式のため、回線速度が満足できない可能性もあります。その際には、安きに流れた自分を恨みましょう。

ということで、申込前のまとめのまとめ。

  • ADSLからADSLの場合、不通期間3週間は覚悟しておきましょう
  • レ点商法のオプションは、開通後速やかに解約しましょう
  • うち無線ランパックは、返送送料が発生することを記憶しておきましょう
  • 2年以内の途中解約は、違約金が発生することを知りましょう

でも、相当安いです・・・w