【まさに知って得する!】王道のANAマイルの貯め方

マイルを貯める、と言われてすぐに思いつくのがクレジットカード利用。でも、クレジットカード利用で貯める方法だけでは、目的のマイル達成は難しい事実を結構経ってから知りました汗w
なぜならば、管理人の目標である21万マイル(家族3人ビジネスクラスでハワイ)となると、単純計算で2,100万円の消費が必要だからです(家買えるじゃん)。

本当、尊敬に値するのですが、2,100万円を消費することなくマイルを貯める方法があったんです。そこんところ、おさらいもかねて、まとめてみました。

クレジットカード利用でマイルを貯める

冒頭でもお伝えしたクレジットカード利用の場合、お買い物、消費に対してクレジットカードを利用する、ですよね。公共料金、コンビニ、スーパーすべてをクレジットカード払いにすると意外と早くマイルが貯まりますが、海外旅行に行くために必要なマイルを貯めるには年間で数百万円の消費が必要。

とは言えマイルを貯めるために、消費が増えるのは本末転倒。毎月数十万をクレジットカードで利用するなら良いですが、普通の人には、ハードルがもの凄く高い。

ダブルでマイルを加算する

そこで登場したのが賢くマイルを「加算」する方法。

ちょっとした工夫です、提携のポイントカード、提携サイトを活用することでマイルの「獲得効率」を上げることができます。例えば、皆さんご存知Tポイントの場合、0.5倍レートでマイルへ交換することが可能です(例:Tポイントが100ポイントなら50マイルに交換可能)。コンビニだとファミリーマートがTポイントと提携していますが、お買い物の時にTポイントカードの提示を求められますよね?その支払いをマイルが貯まるクレジットカードにすれば、通常マイルと合わせてTポイントの「2重取り」が可能となります。

Tポイントは後日マイルに交換するだけ。一切の苦労なく、マイルを増やすことができるのです。コツコツ貯める部類には入りますが、これはまさに知って得する!w

ただし、クレカ消費で貯めるには限界がある

ここまでの話で結論としてマイルを貯めることはできる、けれども爆発的に増やすことは難しい…。出張の多いビジネスマンであれば、少しは有利に貯められるかもしれませんが、それだけで貯めるのであれば、マイルではなく、使い勝手の良い楽天ポイントなどに変える方がよっぽど良いかもしれません。

「マイルを貯める=クレカ消費」という考え方を変える

マイルに限らず、ポイントを貯める行為=消費、という壁を取っ払うw

海外旅行に行くためには最低1万マイルは必要、「どれだけ消費すればいいんだよ!」って思考停止モードに入るので、この「常識」は忘れる。

ポイントサイトでマイルを爆稼ぎをする

そこで、編み出された方法がポイントサイトを利用したマイル獲得法。

ポイントサイトとは、アプリや資料請求などモニター利用をすることでポイントを貰えるサービスのこと。通常そのポイントは現金や他のポイントに交換することができ、マイルも当然その対象となっています。

クレジットカード利用vsポイントサイト利用の比較

レギュラーシーズンで夫婦2人でハワイに行くと仮定して、クレジットカード利用で貯める場合とポイントサイトを利用して貯める場合を比較してみます。ちなみに必要なマイルは4万マイル×2人分ですから、計8万マイルです。

クレジットカード利用

ありとあらゆるお買い物はすべてひとつのクレジットカードに集約。水道、電気、ガスに携帯電話。なんなら毎月支払う保険のお金だってクレジットにした。あとはコンビニ、ファミレス、会社の飲み会は幹事としてお金の支払いもする。これでせいぜい毎月10万円。たまに大きな買い物をしたとして、毎月15万円、年間で180万です。

100円=1マイルとして、年間180万円利用で1.8万マイル。二重取りや継続マイルを加味して年間2万マイルとしましょう。ハワイは2人で8万マイルですから、約4年です。4年に1回ならちょっとしたボーナスかな?と思うかもしれませんが、ひとつ落とし穴、それがマイルの有効期限。

有効期限は3年。つまり4年で貯めるのは現実的にNGということです。
※アメックス系のクレジットカードは期限を実質無期限にすることが可能ですので、ひとつの選択肢として考えておくのは有りです

ポイントサイト利用

一方のポイントサイトを利用する場合、必要なマイル数から逆算して、ポイントを貯めます。

ポイントの場合、100ポイント=1マイルにはならないため、2019年3月時点における王道の交換レート(0.8倍)のルートを利用することを前提として、約100,000ポイントを稼ぐことができればOKです。

考え方はクレジットカード利用と変わりませんが、大きな違いはマイルへの交換レートの違いです。一例ですが同じ消費であっても、これだけ違います。先日ポイントサイト経由で購入した「やずやのグリーンスムージー」。商品代は約4,000円ですが獲得ポイントは1,500ポイント。
yazyta

交換レート(0.8倍)の場合、1,200マイル。クレジットカード消費で1,200マイルを貯めようとすると、12万円必要です。このポイントの価値もそうなのですが、こういう消費系以外に、一撃10,000ポイント獲得できる案件がたくさん存在します。

  • クレジットカード発行
  • FX口座開設
  • 保険の無料相談 etc…

今回目標100,000ポイントと考えれば、決して難しい話ではありません。細かい話になりますが、交換可能なポイントに上限がありますので、1年もあれば余裕で達成できる数字です。

まとめ

結局のところ、マイルを貯める=消費という、この常識を変えることがマイルを貯める最短のルートです。もちろん、通常のクレジットカード利用も重ねれば、もう少し短い期間でハワイ旅行をゲットすることができるはずです。何も難しいことはなく、まさに知っている人だけが得をする方法…ではありますが、書いていてアレですが、錬金術みたいですねw