鼻炎持ちのためか匂いに鈍感。そんな折、常日頃から嫁に言われてきたのが「エアコンの匂い」。この季節エアコンなしでは生活できないが、汚れやカビの匂いが気になってあまり使いたくないと。贅沢な悩みや。しかしながら、小さい子供を持つ親心としては、カビが原因で子供に悪影響が出てはいかんざき!ということで、エアコンクリーニングを頼んでみることにした。我ながら、エアコンクリーニングを業者に依頼するなんて贅沢な…と。

そこで今回頼んだのは、柴田理恵のCMでお馴染みの「おそうじ本舗」。選んだ理由から、結果どうだったのかまで、実体験をご紹介します。今後、頼む方がいらっしゃったら参考にしてみてください。

お掃除本舗orダスキン。緊急時は口コミ・評判より知名度で決めちゃうよね。

エアコンクリーニングって、今やいろんな業者がやっていて、中小から大きい会社まで、たくさんありすぎて正直どこが良くて、どこが悪いかなんて判断つかないですよね。そんな悩みを解決!という目的で比較サイトであったり、ネットの口コミやら評判やらを調べて選ぶと思うんです。でも、書いていてなんですが、エアコンクリーニングってそう頻繁に頼むものじゃないですよね。存在そのものは知っていましたけど、まさか自分が利用することになるとは。

で、いざ比較サイトで調べてみようと思ったんですが、あまりに中小過ぎて、選ぶ基準を見つけられなかった。家にあげるわけだし、言うても1万2万するものですから決して安くもないわけです。更には、思い立ったら吉日の性格なので、「今日頼んで週末に来てほしい」まさに緊急度マックスな今すぐ客なわけです。

そうすると、比較サイトやら口コミやら調べる時間なんてないんです。面倒臭いし、結局どれかに決めなきゃいけないんだから。で、どういう行動に移るかというと、大手という知名度に流されるわけですw

それが、ダスキンとおそうじ本舗でした。こういう自分の行動を見ると、やっぱり知名度って大事だなぁ、このふたつのホームページを調べて、サービス概要と料金を比較して、ダスキンの安心感がありつつも値段に惹かれて、あっさりとネットリサーチから30分も経たないうちに、おそうじ本舗に見積もり依頼をしてしまいました。

ネットお問い合わせから当日までの流れはこんな感じ。

ネットお問い合わせをしたのが、平日の夜10時過ぎなので、連絡は明日だろうなと思っていましたが、予定通り翌日の昼頃に電話を頂きました。以降ステップ毎にご紹介しますと…

[業者]電話で日取りの話、週末空いてなかったので翌週末の打診を受ける

▼この時点で金額の話なしw 且つバイトか?くらいギコチナイ電話対応にイラっとする。

[私]嫁確認があるので翌日にしますと伝える

▼今週末で考えてたので、気持ちは断る想定

[業者]翌朝再度電話あり。金額の話をしていなかったお詫びと正式見積もり。そして、日取りの話。まぁ見積もりと言ってもホームページに書いている通りなんだけど。ただエアコンの機種確認も何もなかったよねw

▼そして、なぜか今週末が空く

[私]今週末空いているならと決める。面倒臭いのと、ギコチナイだけで丁寧なんだ!と言い聞かせる。&恐らくフランチャイズ始めたばっかりなんだろうなと思う。

▼当日到着前にお電話しますと。

[業者]当日。準備はしていたが、電話が鳴ることなく、直接時間に家に着。テンパりすぎだろw

[業者]簡単な説明と承諾印を押して、エアコンクリーニング開始。

▼2時間前後と言われていたが1時間もかからず終了。仕事は丁寧だった(と思うw)

[業者]エアコンクリーニング完了、代金支払い、退散。

対応は悪くないけど…フランチャイズなのでオーナーに依存する。

無事にエアコンクリーニングが完了し、嫁チェック。

「うん、いいじゃん」

ということで、エアコンをしっかりと分解し、高圧洗浄機で洗浄しただけあって、汚れもカビ菌も落ち、エアコン自体は無事に綺麗になりました。結果的には満足ではあります。掃除の風景を見る限り、素人には、「エアコンを分解する」という意味で、できないなぁと思いますし、今回2名できましたが、工賃としても妥当な金額でもあるだろうとも思いました。お掃除本舗というブランドがある分、ヘマはできないだろうし、長年のノウハウもあるだろうから、信頼性という部分は問題ないとは思います。

とひとしきり良かった部分をお伝えした上で、ここからは悪い口コミ。

お掃除本舗はフランチャイズ展開なので、当たり外れがある。今回我が家で当たったのは、我が家のエリアから離れたエリアの店舗。混んでいる時期だから空いている店舗が当てられたのか、新店が当てられたのかは定かではありませんが、電話の対応や当日の対応から見て、研修中であることは明白でした。ヘルプで先輩が付いていましたが、その先輩の指導の仕方も悪く、キレ気味な指導。

「そこじゃねぇだろ?」
「ダイキンエアコンはここがあれだから覚えとけよ?」
「ちゃんと見たのか?」
「ゆっくりやれよ」

指導しながらはいい。見方によっては先輩トレーナーが見守りながら、安心だろうさ。でも客前で態度変えないでくれ。もう少し小声で指導してくれ。会話すべてが聞こえているんだよ。こっちが心配になるじゃねぇか。逆にそこまでキレながら指導される新人くんにクリーニングされる側のことを考えてほしい。決して安い金額じゃないんだから。

そういう意味でフランチャイズなので、オーナーに依存してしまう。決まり切ったノウハウマニュアルがある一方で、加盟金を支払えばブランド看板を抱えたお店を持てるのがフランチャイズのメリットだけど、その分、属人化してしまう部分もあるため、悪い印象を抱くことはあると思う。

今回、エアコンのクリーニング自体でいうと満足はしているのですが、「あんなキレ気味の指導で新人にエアコンを分解された」という、どことない不安感が残った状態である。悪い人ではないんだけど、安心感を与えさせてほしいものだなと。ちゃらければチャラいで言われるだろうし、客商売で印象・心象って大事です。

エアコンクリーニング費用とまとめ

書き忘れましたが、金額は見積もりというものがほぼなく、ホームページに記載の通りで、アップもダウンもありませんでした。新人だったからかもしれませんが、オプション売り込みもなかったです。(普通はないのかな?

我が家の場合は、
・エアコン壁掛けタイプ
 ・エアコンクリーニング+オールチタンACコートセット
で、合計15,000円でした。

ホームページの料金ページに書いているので、大丈夫でしたけど、自動クリーニング機能の有無で若干料金が違ったりすることもあるみたいです。
もしもエアコンクリーニングをするにあたって、時間的な余裕があるなら、ハウスクリーニングの一括見積もりサイトで聞いてみるのは良いと思いますよ。ただ個人的には、安さより安心かなー。