社会人になって13年・・・。

何にお金を使ってきたんだろうってくらいお金がなくてビビるんですが、一般的な・・・一般的というのもどこを基準に?って話なんですが、みんな実際にどれくらい貯金をしているんですかね?

この記事を読んでいるあなたがもしも20代なのだとしたら、「貯金、しといた方がいいよ」と言う言葉も掛けたいし、「若いうちに使うのも大事だよ」とも言いたいくらい答えのない記事です笑

「30代貯金平均」で検索した結果

これが正解!というのはないんですが、だいたい平均値、理想値から現実的には、300〜500万円くらいのようですね。もちろん職種にも、地域にも、環境にも左右されるとは思うんですが。

いくつか参考サイトを見た中で、ある程度権威があり、信頼でき、信じたい笑サイトとして以下を参考ページとして掲載しておきますね。

biz-journal.jp

以下、引用。

「転職サービスDODA」がホワイトカラー系職種の男女(正社員、契約社員)を対象に行った「ビジネスパーソンの貯蓄事情2012」によると、30歳の平均貯蓄額は328万円となっている。
これが多いと感じるか、少ないかはその人の貯蓄額やお金に対する価値観次第といったところだが、興味深いのが50万円未満と答えた人が19%いる一方で、500万円~1000万円と答えた人が15%いたことだ。

ひとつ言えることは、

「みんな、ちゃんと貯めてるよ・・・」

実家?賃貸?
正社員?派遣?
そんなの関係なく、うん、みんなちゃんと貯めてる。

その数字って平均値?中央値なの?そんなことはどうでもよくて、みんなちゃんと貯めてるんです。

正解はないし、生き方にもよるから、無くてもいいんですが、貯めてるw

毎月いくら貯めれば、その金額になるのか

ね、不思議ですよね。仮に300万としましょう。

22才で社会人になり、30才になるまで8年。毎年約40万貯めれば、晴れて30才には300万です。なんだ!毎年たったの40万円でいいのか。そう、そうなのです。毎年40万だけでいいんです。

初任給が仮に手取りで20万だったとして、よく言われる支出通りに計算するならば、20万の3分の1が家賃です。約7万円を家賃としましょう。

残り13万。貯金するときは、さきに天引きをしておいた方が良いっていいますよね?なので、40万割ることの12ヶ月で約3万を事前に抜いておきます。

となると残り10万円で生活費をまかなえば良いわけですね。そこからランチ代毎日外食だったとして3万円、飲み代2万、携帯代1万円、光熱費1万円、諸々差し引きすると、残り3万円。すでにランチ代、飲み代、等をひいた残りが3万円。お小遣い3万円。てか余裕ですな・・・。

たまの贅沢を仮にしたとしても、ボーナスで補填するのであれば、うむ!毎月3万円、貯金できるし、30才になったとき、300万は最低でも貯められそうですね。(保険だなんだ、って細かい話は抜きね)

貯まっていない?君は何に使ってきたんだい?

ちなみに、お恥ずかしながら33才既婚男性の私。いくらとは言いませんが、全然貯まっていません爆。これから巻き返しで貯めないと将来の不安は拭えません。

閑話休題

何故僕はこんなにも貯金がないのか。都内在住11年。バイトスタートと言えど、22才からはずっと正社員として勤務。人並みにはお給料は頂いてきたと思っていますが、その日暮らしの生活が10年は続いたかな笑。パチンコにパチンコ、えーっとパチンコとパチンコ。これだw キャッシングこそしなかったものの、パチンコだ。

幸か不幸かキャバクラ等での散財は一切ないですが、会話術が身に付く、という視点で言うと、同じお金使うならそっちが良かったよね(閑話休題終了)。

ということで爆速で貯金しはじめていますが、なかなか年齢相応の貯金は貯まりません。

・車も買えなければ、家だって買えやしない。→まぁ、そうだよね。
・大きな買い物はせず、せこせこと暮らしていますが、たまに大きな買い物をして資産が目減り。→大きな買い物も資金貯めて計画的にとかしたら?
・贅沢はしていないですが、外食が多く資産が目減り。→てか贅沢。昼は弁当、夜は第3のビールにしろや。
・Hulu見てる?amazonプライム使ってる→無駄な月会費、年会費あるやん。

ということで、原因見えてるよね(爆

「若いうちはさぁ、お金使ってなんぼだよ。てか若いうち遊ばなくていつ遊ぶわけ?ねぇ?今から貯金貯金とかバカじゃねぇの?」

とひがみとも捉えることができますが、5%はそういう気持ちでおります。

ただ、めちゃくちゃ切り詰めて、そういう生活にしているのなら改善した方が精神衛生上考えものですが、とは言えみんなバランスよく使い貯めて、気持ちの切り替えをしているんでしょう。

まとめ:お金を作る、お金を増やす、とか以前に・・・

爆速で貯金を始めても急に貯金なんて増えるものではありません、当然のことながら。で次に起こすアクションは株だ、投資信託だ、FXだ、と言った資産運用になるかもしれませんが、そもそもお金が貯まっていないんだから、うまい下手とかではなく、おとなしく貯めるがいいでしょう!と。男は黙って貯金!

ちょうど、この記事を書く前に買った本があります。

10万円から始める! 貯金金額別 初めての人のための資産運用ガイド (ディスカヴァー携書)

10万円から始める! 貯金金額別 初めての人のための資産運用ガイド (ディスカヴァー携書)

10万から始める!でもいいんですが、前提として、余剰資金は用意しておかないと、そもそも。それ以上預金し続けたって金利なんてのは雀の涙、というのが前提としてあってからの〜〜〜〜資産運用・・・。

平均貯金額調べる前に貯めろ、節約しろ、計画的に使え、と。自分の年齢に0ひとつ足した額貯めとけば30代まではええんちゃいますかね!30才なら300万!それから、この手の本を読んで、増やすフェーズへ。

まぁ、堅実に働いて貯めている人は、そういうことを考えられるフェーズのはずですから、投資、初めてみたらいいんじゃないでしょうか(しろめ。

僕は失った青春時代を取り戻すかのように、失った貯金を爆速で取り戻しています・・・。