マイルを貯めはじめて1年。気付けば3万マイル間近となりました。一人なら海外旅行に行けるマイルですが、二人分必要なので、今年もガンガン使って、年内はマイルで海外旅行に行くために拍車をかけるぞぃ!この記事ではマイルの落とし穴とANA限定ですが、貯まりやすいクレジットカード、そして、陸マイラーのライフスタイルをご紹介しましょう。ちりも積もればマイレージ!ということで。

日常生活は、苦にならない程度にクレジットカードですべて支払う!

マイルにしろ、ポイントにしろ、基本はすべての支払いはクレジットカードへ変更するのが鉄則なので、いわゆる生活をする上での公共料金はすべてマイルのたまるクレジットカードへ変更しています。

  • 電気代
  • ガス代
  • 携帯電話代
  • インターネット回線代

僕の場合は主にはこの4つですね。家賃もクレジットカード払いが出来るのであれば一番ベストですが、それは不動産の管理会社によってしまうので、まずはこれらをすべてクレジットカード払いに切り替えています。次いで普段のお買い物。これらも原則クレジットカード。特に慣れるまで、ちょっと嫌らしい?wなんて思っていたのがコンビニなんかでの支払い。タバコ1箱でも、ガム1つでも、なんでもかんでもクレジット払い。慣れれば気にならないですが、まさにこれらのお買い物が恐らく一番のちりつもマイル。逆に普段こんなのにもお金を使っているのか、、、という振り返り効果も。

そしてココが大事なポイント。
これは至って普通の考えであり、皆さんはそうしていると思うのですが、クレジットカードで払うとだいたいが1〜2ヶ月後に請求が来ますよね?今まではそれらはそれらでその月の支払いとしていたので、月により生活が苦しくなることがありました。それも当然、その月の給料から天引きされる額が固定金額ではないのですから。なので、どんな小さなクレジット払いも、使ったお金をすべて別の封筒で管理をする、これが大事。クレカの魔法で財布からお金が減っていないので、なんだか今月は多いなwなんて思うことが多分にありましたが、これで、あくまで支払いはクレカでしているだけ、という習慣になりますので、コンビニ払いであっても、大きなお買い物であっても、基本は利用したお金を別に保管しておく、これが鉄則でしょう。というか、当たり前でしょうwww

ANAマイルが貯まるクレジットカード、コレは微妙なのかも!

そんな中、僕がメインで使っているANAマイルが貯まるクレジットカードはこちら。

ANAアメリカンエキスプレスカード

年会費が7000円、これに加えて家族カードも作ったので実質の年会費は9500円。正直この金額もマイルにしろよwwwwなんですが、なぜこのクレジットカードにしたか、というのにはちゃんとした理由があります。それがこちら。

  • 空港ラウンジが無料で使える
  • マイルが無期限で貯められる
  • アメックスのステータス

という3つ。なんだかマイルを貯めることとあまり繋がらない理由が。。。そう、ちょっとこのクレカはあまり良くないかも説は浮上しているんですがwその分ガンガン使って3万マイルになっているんですwwwひとつずつ解説していきますと…

空港ラウンジが無料で使える
やっぱり憧れますやんw空港に行ったときにラウンジに入れるのって。アメックスカードを持っていると無料で入れるんですよね。
ちょっとした休憩に、
離陸前の一息に。
なんて話を嫁にしても、そんなん使わないじゃんwwwの一言で一蹴されたんですが、そう!使わないんですよ。そもそも僕、営業じゃないので出張もないし。しかも、これにもちょっとした罠がありまして、使える空港ラウンジも限定されていて、羽田空港を例にすると、使えるのがココだけ。このラウンジがいわゆるなラウンジっぽいのですが、ココは使えないのですよ(汗。ステータスがこのカードでは低いのですよwwwしかも、出張を抜きにしても、そもそもあんまり飛行機乗らないじゃん的なオチがついていますw
マイルが無期限で貯められる
まぁ、コレが一番の理由ですね。ポイントも同様ですが、基本、貯まったマイルには有効期限が付いています。カード会社にもよりますが、平均して2年。それがポイントなんかだと還元したいものがあれば交換してもいいですが、マイルの場合、そもそも最低1万マイルから、と言ったものが多いので、そもそも旅行に行けるマイルが貯まる前に有効期限が来てしまうんじゃないか説が浮上したわけですね。であれば、無期限で貯められる方がいいだろう!と。
ただし、ココにも罠があって、アメックスのポイントをANAマイルに交換するのにはいわゆるポイント移行の手数料が掛かりましてね、年間6800円ほど。つまりは有効期間は基本2年ですがANAポイントに移行する際、もしくは有効期限を延ばす際には年間6800円の手数料が発生すると。これをどうとるかはあなた次第的な感じですが、逆に言うと、○年で○マイルという感じで目標を立てた方がいいのかもしれないですね。
※いずれにせよ、いわゆるana提携カードのほとんどが移行手数料は掛かるみたいですね。
アメックスのステータス
そして最後がこれ。まぁ、アメックスってなんかかっこいいやん。男のステータス的な。…ちょっとだけそんな気持ちがあり、このカードを選びました。ただ、いわゆるアメックスのステータスって、ゴールドとか、プラチナとか、ですやん。ということであんまりこれに固執しない方が良いんですよね。ANAとの連携カードなだけですしね。

僕は庶民、そんな庶民がマイルをためて海外旅行に行く際の落とし穴。

そして最近気付いた罠が、果たしてマイルを貯めて旅行に行くのだろうか説。というのも、どうせ行くなら海外旅行に行きたいじゃないですか。それを家族2人で行く場合は、もちろん国にもよるのですが、だいたい6万マイルは最低でも必要なんですね。これはあくまで飛行機の往復代金なんですが、ココに罠があります。あくまで飛行機の往復代金なだけなのですよ。まあ当たり前ですが。基本はいわゆるホテル付きのツアーでしか海外に行ったことがない自分にとって、+αでホテルをとらなければ行けない。そのホテル代が安いのであればいいですが、そこまで安くないのであれば、かえってHISなんかのツアーで行った方が安くなるんじゃないか説が浮上しました。

例えばハワイ。オフシーズンでANA便で行く場合、40000マイル必要です。そこに宿泊代金が発生しますよね、ココはまあよしとしますが、ホテルの平均が100ドル程度のようですので、仮に5泊するとしたら、自腹で5万円は宿泊費用として別途発生します。これは致し方ないですが、いわゆるな落とし穴が燃油サーチャージ。これは行く国にもよりますが、ハワイ×ANAで2/1以降の場合、片道で8500円必要なので、1.9万円別途で必要になると。となるとですよ、ツアーで行くのとマイルで航空券だけ無料で行くのとでは、もしかすると、そんなに変わらなくなってくるんじゃないか?説が出てくる訳です。

気にするくらいならマイルじゃない方がいい。

で気付いたこと。
庶民の僕らはそこまで気にするならマイルにしない方がいいんじゃないかとwもしくは、行きたい国の航空券のために貯めるマイルの2倍くらい余分に貯めて、ホテルもマイルで払うとかくらいの余裕がないと、あんまりマイルで得して旅行しましたー的な感じにはならないのでは?と思った次第でござります。ただ、これも憧れ、マイルで旅したいやんw ということで僕は今年もガンガン貯めて行きますが、クレジットカードは見直しつつ、目指せ10万マイルは継続していこうかと。

あとは、もっと効果的にマイルを貯めるために、ANAマイレージモール経由でお買い物をするとか、Tポイント提携のところは2重で取れるとか、賢く効果的に使っていく、その辺はしっかりと使って行くと良いんでしょうね。

ちなみに…以下の3つはanaマイラー目指すならmustです!

ハピタス(ポイントサイト)
ポイントサイトの最大手ハピタス。クレカの発行で○ポイント、お買い物で○ポイントとポイントが貯められ、且つそれをマイルに交換することもできる。ちょっとテクニックが必要ですが、fx口座開設、クレカ発行で数万マイルを蓄積できそうですぜ。僕はfx口座作り過ぎているのでできませんが(汗。こちらの記事でポイントサイトを活用した王道のANAマイル貯蓄方法をまとめました
ANAマイレージモール
いろいろなショッピングサイトと提携しており、よく使うのだと楽天ですかね。楽天の場合、anaマイレージモールを経由して、楽天でお買い物をすると、anaマイルを貰いつつ、楽天ポイントも貯まるという。買物するときはココをチェックする!を習慣化できれば、無駄無くポイントも貯まりますね。ちなみに楽天ポイントはanaマイルに交換できます。
Tポイント※主にファミマ
ココは苦無く貯めると言う意味では、コンビニはできるだけファミマにして、お買い物のときに、Tポイントカードを提示しつつ、anaクレジットで支払うと二重にポイントをゲットできるという。Tポイントもマイルに交換が出来ますのでね。