好きと嫌いは違う。そんな会話を30過ぎてするんじゃないよ、と思うところもあるかもしれませんが、家族よりも多くの時間を過ごす仕事の時間。転職は慎重に。ただし、決断は迅速に。そんな知人の話。

重い腰を上げるくらいの気持ちがあるかないかを明確に。

僕の界隈で話題になっている転職。

身体に限界がきてやめる人、会社の方針についていけなくてやめる人、給料が上がらなくてやめる人、理由はそれぞれありますが、みんな密かに、水面下で地味に動いている今日この頃。去年、身体というか精神に限界のきた自分も、転職は何度も何度も考えてはやめ、転職エージェントにも足を運び、やめる気持ちしかない時期がありました。

が、今はやめずになんとかこんとか仕事ができています、改めて幸せw

ちょうど年末でやめる仲の良い人と話していたのですが、その人は、身体に限界がきて、やめるつもりはいつでもあったものの、表面上は明るく、そんな態度は見せず、仲が良いだけに本音は少し垣間みれたけど、「俺やめるわー」と言う言葉や「もうやめたい」「転職するから(キリッ)」と言う言葉は、一度たりとも発することはなかった。ただ、いいご縁があり、紹介を受け、面接を受け、採用した、わずか2ヶ月足らずで。

気持ちとしてはあったものの、ひとつは人にあまり言いたくない(良くも悪くも快く相談に乗る人も入れば、そうじゃない人もいるし、やめる!と宣言して、やめれなかったときの気持ちになるのも嫌だし、と言う話をしていた。通称、やめるやめる詐欺になりたくない、とも。

で、自分の話をしたとき、やめたい気持ちはあるものの、重い腰が動かない。動くと動かなきゃならない気持ちもあるし、なんて話をしていたら、転職は体力いるし、それでも動くくらいの気持ちじゃないと本気で動けない。一方で動くと軽いもんだよ。なんて話もして、自分はまだそういうときじゃない、居心地が悪い訳でも、成長していない訳でも、給料に不満があるわけでも、会社に不満があるわけでもないんだな、と心の中で思った。(ただ、どちらかというと居心地が良い、に3000点って感じだな、とは思ったw)

ただし、決断するときは迅速に。

そんな中、転職の誘いのあったその同僚は、ひょいとあった誘いに、うまく乗った。正直、大のつくほどの企業で、誰もが知る会社。且つ条件もよく、当然仕事の内容もやりたいものとマッチしていた、というのも大きいかもしれないが、そういった千載一遇のチャンスを見事に掴んだ、ということが最も素晴らしい点。居心地が悪いとは思わない自分の場合、果たしてどういう選択をしていたのだろうか、と正直なところ迷うところだけれども、一度しかない人生、後悔だけはしたくないし、大企業が安全でもない時代だけれども、条件はいい方がいいし。且つプラス材料に、「知っている人がいる」しかも仕事もプライベートも知っている人がいる、というのがもしかすると決断に至る大きな要因だったかもしれないが。

ただ、そういったチャンスを掴むのも運でもあり、日々の行いでもあるけれども、常に情報収集や接触機会を増やしていたからこそできたことだし、ある程度、自分のベクトル、キャリアプランを考えているからこそ、YESNOが判断できたのかなーって思うのです。

ほいほいと話が進み、面接を終え、その場で採用。社内も上長、社長と少しずつ外堀を固め、すんなりと(ではないだろうけど)円満退職の道が開けたのであります。

最後は自分で決める、他人の意見はほどほどに。そして健康第一。

そこで僕は人の意見に左右されるわけですwww

正直不満はないけど、興味もないwいやちょっと何か物足りなさがあるのかな。仲の良い人たちが次々と転職をしていき、隣の芝生は青かった、なんて話を笑いながらし、たまに会えて語れる関係性を気付けたのは非常に嬉しい楽しいなんですが、やっぱりうらやましくも思う訳で。

ただ、自分の中の3つの気持ちが壁となり、今はアクションに繋がっていないのだろうな、と思うのであります。

1.僕は何をして、生きて行きたいのか

ドッカーンwww、中二病的な発言ですが、自ブログですから発言は自由ですね。ただ、何かを決めないといけない!と自分自身で思い込んでいる節もあるとは思うのですが、物作りがしたい、とか自分の店を持ちたいとか、のんびり暮らしたいとかwww非常に漠然とした想いで止まっている訳であります。深堀して突き詰めて行かなきゃと思う反面、深堀しない自分。甘えがあるのです。

あとは、今少しばかしの時間で、そういったことを副業サブ的にできている、というのもいいのかもしれません。これからの働き方は一つの会社に属さない、こんな職業はなくなる、なんて話を良く聞きますが、社会人になってから、常に複数の仕事(一方の副業は稼げてるぜ!には値しないけど、家賃補助くらいの収入は確保している)をしているから、ある意味生きて行くための術は掴みかけているのかもしれないし。

2.今じゃない

純粋に今急ぎではないのであります。精神的には一皮だけ向け、あそこまでの挫折、憂鬱感、ダウンはこの先もたくさんあるだろうけど、そういったメンタル状況ではない、且つ、幸いにして事業部のメンバーには恵まれて、成長できる環境にありつつ、人間関係の苦労もない、というのは非常に大きいのだろうと。自分ひとりで仕事をするのではない限り、どんなに好きな会社、やりたい仕事、給料の良い仕事をしても、入った先での人間関係で悩まされたら、それ以外の悩みで疲弊してしまう。その環境に飛び込むくらいなら、今の人間関係で成長をしていく、という選択をしていくのもありなのでは?と言う気持ちが強い。

逆にメンバーがいなくなったら、あっさりいなくなる、社員でもあるかもしれない。

3.給料上げようというモチベーションが少ない

無い、というと語弊がありますが、今日も別の同僚と話していて、会社でサラリーあげるぞ!よりは副業で収入増やすぞ!が先に行ってしまうwwwなんて話をして盛り上がっていました。役職に就かないと一気に2万3万なんてあがらないけど、副業で頑張れば(頑張れよ!お前www)、月に2-3万は行けると思っているので(汗。今はなんとか2-3万行っているし、そこは自信もって言えるかな。

まとめると…

そのときが来るまで待つ、人の意見に左右されない。自分の軸を持つ。待つは良くないかもしれないけど、焦って行かなくてもいい。あとは、正常な判断ができる精神状態を保つ。もしかすると、コレが一番いいのかもしれないなー。碇シンジモードに入ると、もうそれ以外前に進めなくなるし。

あとは、ものすごい脱線具合ですが、副収入を得る口を作る。金持ち父さん的な発想ですが、たくさんの方たちがこんなにコレからの働き方は変わって行く、と言っているし、すでに変わり始めている昨今、やはり会社に頼れないのは必至だと思うし、別にアルバイトでも何でもいいから、別の収入源はやっぱりあると違う。気持ちも楽になるし。

ただ、会社の就業規定には従うようにw
なんつって。

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>” title=”ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>“></a></p>
<div class=

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>